今時の転職事情を知る

1

転職理由でジョブホッパーになりかねない

そもそも転職をしなければいいだろうと考えている人もいるが、今の時代に転職をしないでいられる人が何人いるだろうか。そもそも転職をすることなどまずありえないと断言する人がいるのかというのも気になる、そこまで有能、というより自身の環境に対してまるで揺らぐことのない絶対的自信が何処から来るのか、というのも気になる。転職してもいいかなぁと気持ちが揺らぐのは誰しもあるもの、よほどの大企業に就職しておいて転職を、と考えるのはさすがに無理がある。ただ中には前職でそれなりにいい仕事をしていたのに、突如として今話題のユーチューバーになりました、などと英語を売りにしている人もいるが、ああいう人はほんとうの意味で苦しい状況を経験していないからこそ出来る、現代ならではの異質な存在だと認識しなければならない。

今こうして黙々と働いている人の中には、今の仕事が嫌でたまらないと感じている人もいるはず。しかし転職をするにしても、その先に見える将来設計がうまく築けないからこそ、怖くてできないといった理由も介在しているだろう。転職を決意するのは簡単だが、そもそもどうして転職をしなければならないのか、真剣に考えたことがあるかが重要だ。それによって転職が成功、または失敗となるかの軌跡も輪郭から浮き出てくる。またその転職理由のせいで、先に紹介した烙印たるジョブホッパーだと決めつけられてしまうかも知れないという恐れがあるのだ。

2

転職理由としてあまり適切ではないもの

先にも話したが、転職するとはすなわち何かしらの状況改善を求めての糸口を発見するために行うことだ。その理由がしっかりとした、妥当なものであれば企業は何も思うことはなく、むしろ好意的に受け止めてくれる。明確なビジョンと自分のしたいこと、そして転職を決意するために至った理由がしっかりとプロセスを踏んだ、場当たり的な感情からくる衝動と取られる危険性は少ないと見ていい。

では逆に転職理由としてありがちな部分でもあり、また転職希望先の企業にとってもネガティブな印象を与えることになってしまう理由にも代表的とも言える共通点があるので、紹介していこう。

①人間関係で辞めた

まず最初に転職の理由としてあげられるのは、職場の人間関係が悪化したことによるものだ。これは今の時代で一番多い転職理由になるだろう、しかし人間関係で悩むのは何処にいってもあることだ。筆者も同じような理由で一時期は考えたことはある。企業の採用担当に言わせればそうした問題は正当な理由として当然認められない。もし仮に人間関係で本当に職場を変えたとしても、はっきりと告げてしまうと入社直後に同じ問題と直面した際には退職するのでは、という印象を植え付けてしまう。

②転職理由がまっとうか

これもありがちだと言われているのが、転職理由が採用担当者が納得できるものかどうかということだ。色々な理由から転職を希望している、それは人事の人間にすれば当然のように見える状況。ただその理由を自分が原因としてではなく、転職せざるを得なくなった理由が全て外にあると決めつけている場合が一番危ない例だ。そういう場合ももしかしたらあるかも知れないが、転職をするとなったら自分にも何かしらの責があったと自覚しているかを見てくる。

採用担当いわく、転職理由についていくつか質問していると継ぎ接ぎだらけな答えしか出てこないという例が非常に多いという。理由が採用担当も納得できるものでないと、やはり企業の人材としては役者不足だと感じられてしまう。

③どうしたいのか

転職理由が正当なものだったとして、それに企業側としても納得したとしよう。これで採用も近い、と思いたいところだが本番はここからだ。転職理由となっている原因を入射することで改善されたとしても、それで満足してしまったら企業としてはやはり物足りない。その一歩先、現状の不満が取り除かれた状態で自身のスキルを活かしてどのように業務をこなし、さらには飛躍するためにはどうしたらいいのかも答えとして提示しなければならない。

問題が解決されたら次に出てくるのは答えではなく、次の問題だ。労働者として働いていく上で答えを導き出すのは不可能だ、1つの問題をクリアしたら次の問題に対する取り組みや姿勢を明示できないと、やはりプラス要素としては取られない。

3

誰でもジョブホッパーになる

転職をするにしても、転職が正解を導くわけではない。ここで紹介したように、転職理由となる要素が採用担当でも納得できる理路整然としたものではなければならない。もしそうではなく、突発的に行っているものだと見なされた場合には有無を言わさず『ジョブホッパー』という烙印が押されてしまう。その危険を排除するためにも、転職を希望するきちんとした理由は、客観的に見ても誰もが納得できるものでなくてはならない。