今時の転職事情を知る

1

転職で明暗が別れる

筆者は別段、転職に否定的な価値観を持っているわけではない、選択肢として含めればそれも確かにありだという点をはっきりさせておく。そもそも転職事情で何かしら重大なトラブルに巻き込まれるなどした場合には、転職を余儀なくされることもある。人生というものはうまく言って欲しいと思う時ほどうまくいかないもの、そして釣られるように自分自身の身にも色々な最悪が降り注いでくるため、いついかなる時に次の職場を探さなければならない状況に追い込まれるか、わかったものではない。

その人を取り巻く事情はさておき、転職をしても実際のところはうまくいった人とうまくいかなかった人がいるものだ。どうしてかと疑問に感じる部分もある、転職理由があまりにお粗末だったからといってしまえばそれまでだが、そう簡単な問題ではない。確かに採用する人事担当からすれば転職希望者との面接において、過去の経歴は絶対に外せない選考材料となっている。この素体となる材料から本当に自社にとって有益な存在なのか、判断するための材料としてこれまでの職歴は重要視される。ただその職歴がマイナスとして取られる一面もある。それが最近転職事情にもよく登場してくる『ジョブホッパー』という存在に繋がる。

2

転職回数は少ないほうがやはりいい

ジョブホッパーという言葉を筆者はこの時初めて知った、それなりに周知していなければならない言葉なのかもしれないが、この機会に調べてみると意味合いとしてはまさにここで述べている転職に関係しており、『転職を繰り返している人』というのが流行っているという。要は何度となく転職を繰り返している人のことを指しているが、それは決してポジティブな言葉として捉えられているわけもなく、非常にネガティブな言葉として認識されている。

日本でもジョブホッパーという言葉が浸透するようになってきているが、元はアメリカで使われた言葉であり、それが輸入される形で日本の転職事情にも言葉が拡散していったという。アメリカは転職大国であるとも言われているが、そうしたジョブホッパーが当然のように存在しているわけだが、日本同様このレッテルを貼られることはアメリカの労働者としても痛恨のダメージとしてトラウマになってしまうものだという。

転職を繰り返しているアメリカの労働者でも、度を越してやりすぎてしまったら雇用に関する状況が不利になってしまうようだ。それはそれで色々と事情があるのかもしれない、単に働いている上では安定が欲しいと思っているのは日本人とそこまで大差ないのかもしれない。

キャリアビルダーとは違う

転職を繰り返す人のことをジョブホッパーと読んでいるが、この言葉とまるで正反対の状況を指し示している言葉がある。『キャリアビルダー』、そう呼ばれている転職をした人々との違いだ。ジョブホッパーとキャリアビルダーは転職をする人に取って知っておきたい言葉でもある、そして似ているようで全く異なるこの言葉は、転職をした後のその人個人の上供に照らし合わせて考えられる。明確な違いとしては、

  • ジョブホッパー:転職を繰り返しても、収入や地位に変動がなく、常に同じ水準を保ち続けている
  • キャリアビルダー:自身のキャリアに合わせた転職を計画的に行い、収入や地位についても転職するごとに向上していく

このようになっている。天と地ほどの違いがある、そもそも転職をする人は大半の理由としては今よりも少しくらい収入が上がって欲しいといった願望が少なからず関係している。中には個人的な事情で退職した人もいるが、そういう場合でもきちんと自分の経歴に照らし合わせての転職を積み重ねてこなければ、これまでの職歴に見合った経験を生かせずにただただ同じような水準での生活を強いられ続ける状況を指している。

ジョブホッパーが嫌煙されるのはこれだ。色々な仕事をしたいと考えている人もいるが、将来のビジョンを明確にした仕事をしているか否かで企業としての採用も明暗を分ける。今まで自分が培ってきたスキルを養うために活動してきたのであればそれに見合った仕事をしていた方がいい。転職の場合だと中途採用となり、即戦力でなければならない。にも関わらず前歴が滅茶滅茶だったら説得力がない。それだけで企業の価値観から、ネガティブな烙印を押されてしまいかねない。

3

ジョブホッパーにはなるな

ここで言いたいのは1つ、ジョブホッパーにならないようにするということだ。この烙印を押されてしまうだけで労働力としての信用が失墜している状況で、転職が期待できない。なかには採用担当者からジョブホッパーだけは遠慮願いたいと答えるところもある。転職するにしても、どういったキャリアを積み重ねて、どうして転職を決意したのか、などが一貫していなければジョブホッパーだと見なされてしまうという。

今の転職事情では、こうしたジョブホッパーが一番の問題になっていると取れる状況にある、陥っている人が多いと見なしていいのかもしれない。