今時の転職事情を知る

1

35歳転職限界説について

かつて転職事情においてネックにあった事案があることをご存知だろうか。転職を本格的に考え始めた人なら色々な情報を調べていく中で出てくるのが、『転職をするなら35歳までに』という言葉だ。これは以前の転職事情で確たる説などとも言われていた転職の限界論だ。どうして35歳なのかというのは、この年令になると20代の社員とは違って吸収力が衰え始め、さらに戦力としてもこの年までにある程度備わっていなければ中途採用としては不適切であると、そう考えられていたからだ。

正直、この説を知った時は筆者個人の意見としては、体裁を意識しすぎた妄言だと思っている。要はこの歳までなら採用を考えなくもない、それ以上だったら扱いにくくて面倒くさいから来なくていいと言っているようなものだとも思う。企業が若い世代を求めるのは単純に新鮮味を求めてということもあるが、要は企業色への刷り込みがうまくいくかどうかという意味も込められている。35歳以上の労働者になると社会のことはもちろん、それまで勤務してきた会社での経験が生きてくる年齢であり、転職先となる企業はそんな働き盛りの人間を自社の労働環境に入れてしまうと副作用が起きるのではないかと、そう恐れているのではないかと考えている。

若い世代であればまだ社会を知らない一面も持っているため、自分たちの都合のいい理屈を植え付けて使い潰すこともできよう、しかしそれも一定の年齢に達した人間なら必然と社会の中に見える根源的な歪みに段々と気づくはずだ。それを理解していない時こそ企業としても催眠術をかけるように洗脳できる、そう感じている。

35歳転職限界説と呼ばれる理論が出てきたのは全体的な労働環境が、まだ若者と呼ばれる人々をいかに自分たちにとって使い勝手のいい駒として活用するために構築し、それがあたかも正しいものだとするただの理屈なのではないかと、そう考えている。

2

そんなことを言っている場合ではなくなった

35歳までに転職をしたいと思っている人は現代でもいる、いつまでも転職先が決まらずに探し続けている人もいるはず。企業も選り好みをして、優秀な人であれば年令に関係なく採用しているところもあったが、基本は自分たちのいうことを黙って聞く兵士が欲しいだけなのだというのは、何となく気づいているだろうと思う。転職先として選んだ先でこれまで自分がどんなキャリアを積み上げてきたのかを面接で延々語る人もいるが、そういった話は勤め先となるかもしれない企業にとって関係のない話だ。結局は自分たちが支配する会社できちんと労力として貢献し、利益を上げるために骨身を削って働くかどうかという基準だろう。

こうした企業の思惑に気づかない人はいない、というよりもやってきた結果としてゼンショーのような経営が圧迫されるような事実が露見することで、売り手側だった企業はただ待っていればいいだけだったが、買い手が徐々に敬遠して選り好みされるようになっていった。好き勝手やってきた企業にとっては屈辱的だっただろう、こうした暗部が世間に公開されたことでそれまで人出に困ることのなかった企業は窮地に追いやられることになる。以前勤めていた人間からのインターネットの匿名性を最大限発揮した内部情報などが拡散されることで評判は落ちていってしまう。

これは2014年に見られる転職事情で、様々な業界が求人を出し始めていたことにも関係している部分だと思う。インターネットが普及したことで情報の入手が至って簡単になったことで、企業の就労状況についてもおおまかに輪郭が映しだされていった。それによって引き出されていったのがこれまで求人に困ることのなかった企業が、大小関係なく増えていった点だ。今まで待っていれば求人は山ほど来ていたが、それも過去の栄光とばかりに反映されていったため転職事情が大きく変容していったの2014年の事情となっている。

このため、35歳までといった線引をしいていたところも、止むにやまれない深刻な人手不足に見舞われれば選り好みをしている場合ではない。強者と弱者が存在する世界ではあるが、弱者とカテゴリーされる労働者からの叛乱を、強者として絶対的な企業は起きるなどと予想もつかなかっただろう。

3

年齢制限をかけられなくなった

また公に求人広告の中に年齢制限の記載が出来なくなったということも一因としてある。また日本社会での転職が普及したことで、企業も転職者に対しての抵抗感が薄れていったことも関係していると言われている。こうした背景には大企業などの思惑も関係しているが、翻弄されている中小企業の本当に人手不足に悩まされている会社にとってはある意味良い機会とも言える。

今後日本の労働環境がどのように変化していくのか、その展望も気になるところではある。一重に働きやすく、個人的にも収入が上がることを期待したいのは本音だ。